フォースコリーは妊娠中飲んでも大丈夫?

フォースコリー 妊娠中

 

ダイエットサポートサプリ「フォースコリー」の主成分であるシソ科の植物エキスには、余分な脂肪の分解を促進する働きがある事から臨床試験で減量効果が確認されており、体型を維持したい方や健康的なダイエットを望む方に適していますが

妊娠中はこのサプリを飲むのはやめておいた方が良いと言われています。

 

と言いますのも、フォースコリーの投与実験では被験者に軟便や下痢などといった症状が消化器症状が確認されていますし、元々フォースコリーの主成分である植物エキスは高血圧治療に使われていたものである事から、妊娠中に飲む事について確かな安全性が確立されていないからです。

 

その為、副作用の心配が少ないサプリとはいえ、フォースコリーには「医師に相談の上お召し上がりください」と記載されていますし、妊娠中・授乳中は飲むのをやめておいた方が賢明でしょう。

 

妊娠中のダイエットなら軽いウォーキング

フォースコリー 妊娠中 ウォーキング

 

妊娠中や授乳中に人気のダイエットサポートサプリの「フォースコリー」を利用されている方もいるかもしれませんが

フォースコリーは余分な脂肪の分解だけではなく、血圧低下や男性ホルモンの増加作用などもあると言われているので、妊婦さんが飲むのは控えた方が良いです。

 

妊婦さんは肝臓に負担がかかるサプリや胎児に悪影響を与える可能性がある過度のダイエットは避け、栄養バランスの良い食事や軽い有酸素運動で体重管理を行うのが良いと言われています。

 

軽いウォーキングはお産の際に必要な骨盤周りの筋肉のトレーニングに効果的であり、気分をリフレッシュさせたり、血行促進効果により妊娠中の体のコリや冷え性の改善にも役立ちますし、続けやすい運動ですから妊娠中にも取り入れやすいはずです。

ただ、過度のウォーキングは切迫流産の可能性もあるので、特に妊娠初期は医師に相談の上で行うようにするなど注意が必要です。

 

元気な赤ちゃんを産めるように

フォースコリー 妊娠中 赤ちゃん

 

元気な赤ちゃんを産む為にも安全性が確立されていないダイエットサポートサプリを活用するなどの危険因子はできるだけ取り除いておいた方が良いですし、ダイエットする方法はサプリだけではありませんから、まずは生まれてくる赤ちゃんの障害リスクを取り除く事が先決です。

 

妊娠20週目からは特に体重が急激に増加しやすい傾向にありますが、食欲の増加は妊娠高血圧症候群などにつながり胎児に影響を与える可能性があります。

 

その為、妊婦さんの体重管理は注意しておかなければなりませんが、ダイエット志向により葉酸などの栄養不足が赤ちゃんの障害を引き起こす可能性がありますから、安全性が確立されたサプリを活用してそういった栄養素を補給する事も必要になるでしょう。

 

元気な赤ちゃんを産む為にも、サプリを利用するのであれば医師に相談の上、摂取するように注意し、体重管理のためダイエットは健康を重視した形で行う必要があります。

 

>> フォースコリーの効果 TOP